メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

家具のある家づくり。

ケヤキ下の家は家具を設えました。 家具は家づくりでは欠かせない要素の一つととらえています。 それは家の中の役割を与えるのが家具だからです。 キッチンがあれば料理をする場所。 洗面器があれば顔や手を洗う場所。 ベッドがあれば寝る場所。などなど。 それぞれモノによって役割が与えられます。 みなさんキッチンやトイレ、お風呂や洗面台などは必ず計画すると思いますが、そのほかの役割も決めてあげないと家にはならないのです。 ご飯やくつろぐ場所にするにはどんなふうにしたら良いか? それにはどんなテーブルで、どんな椅子で、など、生活スタイルに合わせて家具を決めて設計しなければならないと考えています。 だから暮らしの工房では、家具は家づくりに欠かせない要素なのです。

ケヤキ下の家は丸テーブルを設計に組み込んだ住まい。 テーブルも丸か四角か変形かは、どんな役割を与えるかで決めています。 ダイニングからはケヤキの緑が飛び込んで気持ちよく食事ができるような位置に配置。

もはや定番となった作り付けのソファも入りました。 家具がなかった空間はどことなくとっつきにくい感じがしますが、家具が配置され生活のリズムが見えてきてイキイキしてきました。

それぞれの場所を実際き体験できる機会が見学会です。 この機会にぜひご参加ください。

「ケヤキ下の家」 見学会のお知らせ

9月9日(土)、10日(日)に予約制の完成見学会を開催いたします。 時間は両日とも 10:00、11:30、13:30、14:30、16:00 ご希望の日時をご連絡ください。 会場は新潟市北区内。ご連絡いただいた方に詳細の場所をお知らせいたします。 お問い合わせください。


関連記事
  • 高気密高断熱住宅で気密測定をやる意味。

  • ミーレの食洗機で手にする自由な時間。

  • 家づくりは何から始めたらいい?の疑問はつくる人を決めることで解決。

  • 経験や勘だけでは、いい家はつくれない。

  • 壁紙と塗り壁を考える。

この記事をシェア