メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

土地探しの前の家づくり相談。

新築にあたり購入したい土地があるのだけど、最終的に契約する前に判断したいから土地を見て欲しい。 そう頼まれて見た土地。 不動産屋さんからの承諾をもらい、解体現場に入らせて頂き、2階から見たり出来たり。 この状態で敷地と建物の関係性に当たりをつけて、作り手側からのGOサインを元に、後日、安心して土地の手続きに向かうのでした。

土地購入者にとって、土地との巡り合わせは本当に縁だと思います。 自分の建てたいタイミング、コスト、環境、全てに落とし所があるものってなかなか巡り合わないけど、そんな縁は急にやってきます。 時間の制約の中で納得できる落とし所が変わると言ってもいいかもしれない。 そんな急な巡り合わせにも慌てないように、あらかじめ住宅業者を選択して相談しておくことが家づくりには大切だと思います。

具体的なプランは作れなくても、想いや価値観のすり合わせを住宅業者とする必要があるし、資金計画まではあらかじめやっておいた方がいい。 準備を整えてその時を待つ。 土地から探す方はそうやって家づくりすることをオススメします。 どうしても土地→家になりがちだけど、本来欲しいモノは家ですよね。 そのために家の器になる土地が必要。 家→土地の順の方が欲しい家づくりができるし、さらに言えば「家が欲しいのではなく、家族との時間や暮らし」が欲しいはず。 「暮らし(想い)→家→土地」の順でモノゴトを進める方が、より確かなのです。

この想いを受け止めてくれるのは、家づくりをする業者に他ならないので、家づくりの始めの一歩は、不動産屋さんではなく、住宅業者を選定することです。 当然、住宅業者は不動産屋さんと連携しているので、有益な情報は得られるし、縁を感じられた時の意思決定が断然早くなります。

家づくりは土地が決まってからしかプランは作れません。 プランから工事完了、引越しまではおよそ1年近くの時間を要します。 それ故に、土地探しからスタートする方は新居に住まいたい日から逆算して1年半には住宅業者を選定して家づくり相談をスタートする必要があるでしょう。 暮らしの工房ではいつでも相談出来る体制があるので、お気軽にご相談下さい。


関連記事
  • 家づくりをソトから考える。

  • ミーレの食洗機で手にする自由な時間。

  • 境界を考える。外の庭を共有できると街並みになる。

  • DIYで家づくり?職人さんの仕事。

  • 家づくり教室~家の大きさを考える~

この記事をシェア