メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
作品
works

ケヤキ下の小さな住まい

隣の公園には大きく育ったケヤキや桜並木が続く、住宅地の中でも眺望豊かな環境の敷地。 しかしその敷地には斜めに分断する地役権があり、見た目とは裏腹の変形敷地の上に、80坪ほどある敷地は半分に制約がかかるいわゆる「ヘタ地」と言われる課題の多い敷地。

そんな敷地条件を逆手にとって、設計により周辺の良好な環境を余すことなく取り入れ、ケヤキの樹と向き合うように暮らすことのできる住まいへと計画しました。 2階LDK逆転プランとすることで、建築可能な小さな敷地でも広々感じる計画にしつつ、大樹を鳥目線で感じる楽しい暮らしを実現。 一般的に悪条件と言われる条件を逆手に取ることで、この住まいの魅力となるように計画。 二人暮らし+1を想定しながら、将来的にSOHO(スモールオフィスホームオフィス)機能を持たせ、コンパクトだけどゆとりのある住まいに。 内部空間として21.5坪のとても小さな住まいは、必要にして十分なスペースを確保しながら、住まい+αの要素も満たし、数字には現れない伸びやかさを実現した。 性能面でも真空トリプルガラスを採用し、UA値0.39、C値0.4と高性能の数値を有し、温度差のない暖かな内部空間を実現。
日本エコハウス大賞2017にて、堀部安嗣賞を受賞(日本エコハウス大賞についてはこちら)。

ダイニングと畳小上がり
2階はLDKひと空間に。目線でケヤキの緑をいっぱいに捉えるため気持ちがいい。ダイニングと畳小上がりの構成。
ダイニング
ダイニングからケヤキを見る。ベランダと繋がることで、ナカから外へ広がりを感じる。
ダイニング
ダイニングの見返り。 LDKひと空間の2階は家具によってスペースを区切られ、それぞれの役割を与えている。
畳リビングからダイニングを眺める
畳リビングからダイニングを。斜めに切れた窓が行き止まりを感じず、視線が抜けていく。ダイニングの奥に繋がるようにキッチン。
LDK
LDKの内部空間。奥が呼びスペースとして機能しながら、通常は書斎スペースのように使う。キッチンはロングカウンター。
畳リビング
畳リビング全景。3畳ほどのスペースに、家具配置によって居場所をつくる。畳+ソファは、定番に近くなってきた。
デッキスペース
ベランダのデッキスペースにはベンチを設る。夕涼みやソトでビールなど、使い方はいろいろ。少しの工夫で出やすく、使いやすいデッキスペースに。
書斎スペース
予備スペースは必要に応じて一室となるような機能で計画。通常は書斎スペースとして活用。窓の外にはデッキが敷かれている。
寝室
1階の寝室は隣家を意識して地窓で構成。地窓とすることで落ち着きのある寝室になるとともに、視線が下へ落とされるので地窓から見える庭を意識している。にじり口のような窓から、縁側へと続く。縁側の奥はサンルームから出られる物干しデッキへとつながる。
寝室
主寝室から見える庭木。低木を主に入れながら、床座や寝転んだ時にも気持ちよく外へとつながるように外空間を計画。
SOHOスペース
SOHOスペースは公園と隣接している。公園の喧騒から離れて仕事をするために、ソトでつながりを緩やかに遮りながら、庭木を入れて落ち着いたナカの環境をつくる。SOHOスペースは役割がない内はライブラリーとして活用。落ち着いた空間で読書をするスペースとして確保している。
  • 畳リビング
    畳リビングの窓は、テレビ台カウンターが伸びてデスクにもなり、緑を楽しみながら過ごすことができる窓際スペースに。 見えている木は桜で続いている。
  • キッチン
    キッチンは3.2m越えのロングカウンター。 ひと空間の中に入るキッチンはできる限りキッチンを感じさせないように、規定サイズより大きめに。 キッチンと他の部分との境界線を曖昧にしながら、カウンターを共有する。
  • 玄関土間
    玄関は通常よりもかなり広めの土間を設けた。 広めの土間をSOHOスペースとの共有玄関として機能させる予定で計画。SOHOとしての役割がない内は、趣味の自転車の整備にあてたり活用する。
  • アプローチ
    アプローチ。駐車スペースとは木塀によって仕切られながら、建物へアップローチする。正面にはヤマボウシ。既存の木を敷地内に残しながら、外部計画もしている。

関連記事
  • 外観

    サクラ下の平屋

  • 続いていく庭とひとつ屋根の下の二世帯 リビングダイニング

    続いていく庭とひとつ屋根の二世帯住宅

  • 雑木にひらく住まい ダイニング

    雑木にひらく住まい

  • ダイニング

    ソトとナカをつなぐ住まい。

  • ダイニング

    遠景、近景を愉しむ。稜線を望む住まい。

この記事をシェア