メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

雪が暮らしにもたらすもの。雪国で心地よく暮らす設計術。

暖冬少雪と言われ、今年は雪が少ないのかぁ。。。程度に思っていたら今シーズンは降らないんじゃないか。。。と不安にすらなりながら、とうとう降りましたね。

雪。

薄っすらだけど銀世界に。

どんより空には雪のレフ板がないと。
室内では薄雲の日差しや雲の切れ間など、わずかな明かりの変化でも感じられるようになり面白い。

インテリアに白を選択しているのは、こういったわずかな光の変化を敏感にキャッチするため。

暖かな家の中で雪を感じる暮らし、雪を楽しむ暮らしというのが可能になると思います。

どんより薄暗い上越の冬で育ったからこそ、灯、光を大切にしたいと考えています。

庭に降り積もっていく様子はワクワクします。

朝の恐怖心はありながらも、とてもきれい。

家の中を薄明かりにして、外の灯を灯す。

家の中の灯が反射しないのでクリアに外と繋がる。

トリプルガラスは障子を開けても寒くない。結露もない。

ぬくぬくと雪模様を楽しめます。

上越地域で暮らすにはやっぱり雪は切っても切れない縁。

雪国は辛い。。。雪の処理を考えるだけじゃ面白くない。

雪が好きになる。雪が心地よい。

雪国で心地よく暮らす設計術を持って家づくりします。


関連記事
  • 高田の雁木町家。

  • 上越市立水族館うみがたり。(設計:日本設計)

  • 神社で地鎮祭は天候を気にせず誰もが参加できるメリットがある。

  • 直江津のまちのヒューマンスケール。

  • 高田公園の蓮。

この記事をシェア