メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

緑が似合う家でありたい。

今年の春完成し、引き渡しをした長岡の家2。

オーナーさんのDIYにより植栽が完了。

緑があるだけで建物は格段によくなるし、表情も柔らかくなる。

暮らしていても目の行きどころが出来て、外をより認識しやすくなる。

外を認識すると広がりが生まれる。

空間の広がりは物理的な大きさではなく、人の感覚がモノを言う。

視線の先を大切にすることで家は大きく変わります。

緑が似合う家は広がりをもつ。

そんな家をこれからもつくりたいと思っています。


関連記事
  • こんな時だから、家時間を楽しく過ごそう。やっぱり暮らしを考える住まいは大切。

  • 上越地域で家を建てるために理論的な断熱・気密の大切さと、感覚的な気持ちよさ・心地よさ。

  • 杉板外壁の経年変化。一年。

  • エリア断熱で住まいを快適に。

  • 中古住宅を活用して快適な住まいを手に入れる。

この記事をシェア