メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

港町の家。地鎮祭。地鎮祭は何をするの?

港町の家の地鎮祭でした。

初めての仏式。

お坊さんの佇まいがかっこいい。

普段は神社でやることが多いですが、仏式も厳かで華やかな動きなどはなく

淡々とお経を唱える姿、木魚のリズムにより

端正な空間ができ

とてもいい時間でした。

 

そんな地鎮祭ですが、

工事がスタートする前に行います。

なぜやるのか?

あなたの土地なのだけれども。。。

 

その土地を納める神様に土地の使用許可を得るために行います。

八百万の神ですね。

自然とともに暮らしてきた思想がそこにあります。

 

それと工事の安全を祈願する。

ということ。

今は工事安全を願うことが主だと思います。

 

だから今回のように仏式もあるし、

SNS上では

キリスト教もあったとか。

色々な宗教の地鎮祭経験者もいました。

 

神道は祝詞。

仏教はお経。

キリスト教は賛美歌だったと。

 

いろいろと経験してみたいものです。

 

地鎮祭の費用としては

総額で23万円程度。

用意するものは

供物

・野菜・果物・魚・するめ・昆布

・お酒(一升)・塩・米・水

玉串料(初穂料とかいろいろ呼び名が)

12万円程度。

 

神社や宗教、地域

によって形式も変わります。

 

天候や季節が悪い場合は神社でも可。

その時は現地の土を持っていきます。

冬場は助かります。

 

地鎮祭自体の時間は30分程度。

祝詞を読んで

玉串を捧げ

建物四方にお神酒、塩、米を撒いて

最後にお神酒で乾杯。

ほぼ飲めないので(我慢我慢)

口を当てたあと地面に飲ませます。

最後に鎮め物(お札?)をもらい

基礎工事の時に下に埋めます。

そんな感じで地鎮祭が終了。

 

工事へと向かいます。

 

港町の家も長期優良住宅の認定を待って、月末着工予定。

 

最後に

よくある質問ですが、

「服装は?」というのがあります。

 

神事なので、

紋付袴、モーニング・・・と

ばっちり正装で気合を入れて!!!

 

 

もいいですし、

 

なんなら普段の服装でいいです。

汚れますので。

 

 

だんだんメルマガ中心の情報発信になってきてしまっています。。。

もちろんこのブログもしっかりとお伝えしますが。

大事なことは早めにメルマガで直接お届け。

よかったらぜひ登録してみてください。

【くらしたより】暮らしの工房メルマガ

 

メルマガ登録、ぜひお願いします!!

メルマガ登録する

 

 


関連記事
  • 杉板の外壁を無塗装で使う。

  • 小さく建てる。大きく暮らす。

  • 壁塗装をDIY。

  • 夏の夕暮れの風景。

  • 木の家と庭のある家

この記事をシェア