メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

杉板外壁の経年変化。

風景と暮らす池畔の家の外壁工事が終わり足場が外れてからおよそ半年。

太陽の雨風に晒されて木の経年変化がスタート。

西側の外壁が少し色が抜けてきた。

シルバーグレーに近づきつつ、耐久性のある赤身の色が薄くなりピンク色に。

早くシルバーグレーになって欲しいような、挽きたての綺麗な色でいて欲しいような、今のピンクグレーのような状態も柔らかく魅力的。
経年変化はいつもいいのだなぁと思いながら、その時その時の魅力を感じて暮らせたらいいと思う。

この後どんな変化を見せてどんな表情を見せてくれるのか本当に楽しみ。

とても楽しい発見。


関連記事
  • かわいらしい平屋。

  • 木の家と庭のある家

  • 高気密高断熱住宅で気密測定をやる意味。

  • 美しくエイジングする外壁材。

  • 神社で地鎮祭は天候を気にせず誰もが参加できるメリットがある。

この記事をシェア