メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
作品
works

水平ラインの屋根をもつ平屋

  • 自然環境豊かな敷地に のびやかにおおらかに佇む平屋暮らしができる住まい。
  • 25m近くある水平ラインを作るシンプルな切り妻屋根は、豊かな自然環境に根を張るように佇む。
  • 一枚の屋根の下には、カーポート、LDK、水回り、個室の4つのセクションからなる平面を一つにまとめる役割がある。
  • 屋根のかかった半屋外のウッドデッキ、それぞれのセクションをゆるく繋ぐ回遊動線や視線、リモートワークを可能にするワークスペース、など
  • 平屋ならではののびやかでおおらかな空間を実現した住まい。

建物スペックは、耐震性能は許容応力度計算による耐震等級3、断熱性能はUA値=0.35(HEAT20G1)、気密性能C値=0.3。

長期優良住宅。

大きな敷地に負けない安定感のある水平ラインが、住まいに落ち着きのある佇まいをつくりだす。

外壁は経年変化しながら豊かな自然環境に馴染んでいく杉板の無塗装。

シルバーグレーに変化した時に、周囲との一体感がより一層深まっていく。

水平側との対比で可愛らしい佇まいの住まい。

夜は夜らしい灯りをもつ。派手さではなく落ち着きのある照明計画に。

植栽空間、デッキ空間、内部のダイニング空間がゆるく繋がり、広がりをつくる。

内部はR天井で柔らかく空間をつくられる。リビングダイニング。

デッキ空間とのつながりが広がりをもたらす。

リビングは一段上がった畳リビングと造作ソファ。

段差を使ったり、動線の再奥に居場所をつくることでコンパクトだけど落ち着きのあるリビング空間に。

ダイニングとリビングの関係。

一空間の中に家具配置で動線計画をつくり、居場所を作り出している。

水平ラインが特徴的な住まいの、長い廊下の行き先。

廊下の先は水回り、寝室へ。

廊下の突き当たりが外へと繋がることで空間を楽しくさせている。

ダイニングとキッチンのつながり。

キッチンは家具を中心に回遊動線を持ちながら、独立性を持たせたキッチン空間に。

キッチンも通常より長い、3.5mの造作キッチンを採用。

大きな作業スペースでキッチンワークの効率を図ったキッチンに。

屋根下に守られた中間領域となるウッドデッキ。

外観に深みをつくるとともに、それぞれの空間のつなぎ、使いやすさを兼ねている。

寝室からクローゼットを挟んで洗濯室、洗面脱衣室、浴室と効率よく繋がる。

ワンフロアの暮らしならではの効率的で使いやすい動線に。

道路から見える住まいの佇まい。

カーポートへと自然に流れながら住まいにたどり着くように計画。


関連記事
  • 風景と暮らす池畔の家

  • まちなかのつつまれる住まい

  • 外観

    サクラ下の平屋

  • ケヤキ下の小さな住まい

  • 続いていく庭とひとつ屋根の下の二世帯 リビングダイニング

    続いていく庭とひとつ屋根の二世帯住宅

この記事をシェア