メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

3軒の家づくりからみる、共通の思いとは。

現在進行中の家づくりは3軒。

工事中1軒と設計中2軒。

どれも違うように見えてどことなく共通点がある。

それぞれが敷地や周辺環境、暮らし方、自然環境から導き出した家の形。

どちらかというと特別なことをすることもなく、今風(って何だろう。。。笑)って訳ではなく、その敷地にそっと置かれるそんな形を心がける。

30年前も、30年後も「いいよね。」と思われるような周辺に馴染む家にしたいと思います。

「昔流行ってたよね。。。よくあったよね。。。」と思われるような家だけにはしたくない。これは設計者として、家をつくるものとして言われたくない言葉。

家は今だけではなく、常に時間の中で晒されているし、過去の家とも共に存在していかなければなりません。

そのためのデザインを家ではしていきたいと考えています。

そのデザインとは、周囲や環境から受け取る受け身のデザインになること。。。だと今は考えています。(自分の成長度合いと共に解釈は変わる可能性もある。。。)


関連記事
  • 家づくりで豊かな時間を手に入れる方法〜周辺環境に受け身で家づくり〜

  • 第5回日本エコハウス大賞、奨励賞受賞。西本町の家

  • 西ヶ窪浜の断熱リノベは完成見学会を開催。

  • 杉板外壁材の不安なところは。。。

  • 一つの物語を紡ぐ図面。

この記事をシェア