メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

家はなんのためにつくるのか。。。

今年は梅雨が長めでまだまだ夏が来ない。。。そんな感じですが、日曜日は梅雨の晴れ間の暑い日でした。

あまりの暑さに念願だったビニールプールを用意してテラスで水遊び。

庭木に囲まれながら心地よい時間でした。

庭先にビニールプールを出して遊ばせることが、なんだか我が家の念願だった気がします。

それはアパート暮らしでは叶わなかったこと。

持ち家、賃貸論争みたいなものが、ネット上にたくさんあります。

この考え方はどの価値観を元に考えるかで大きく変わります。

人生をお金、資産だけで考えた時、賃貸に住み続ける方がいいのかもしれない。

場所にとらわれず自由に生きるのなら、ヤドカリのように住まいを変えられる賃貸がいいと思う。

ただ、人生を暮らしを楽しむ観点でいったら、持ち家の方が自由かもしれない。

上越のような地方都市ではバラエティーに溢れる賃貸を探す方が難しいから、暮らしの質を考えたら持ち家の方がいいのかもしれない。

これだけは言えるのは、持ち家でも賃貸でも暮らしを楽しめる余白のようなものが必要。

自由な暮らしが許容できる賃貸も増えると楽しいな。

どんな形態であれ、家は暮らしが楽しめる器であった方が、QOL(クオリティーオブライフ)が上がるし、私はそのために建築して行きたい。


関連記事
  • 新年度。暮らしの工房は7年目です。

  • 火のある暮らしにも目を向けて見る。

  • 薪ストーブライフに憧れつつも扱いは大変と踏み出せないあなたのための考え方。

  • これからの暮らしを提案する住まい。

  • 強い一点を打ち続ける。

この記事をシェア