メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

土地選びの決め手。

家を建てるために必要なこと。

それは敷地。

 

当たり前すぎることですが。。。

土地がないと家を建築することができません。

 

だから敷地って重要です。

でも、決め手って難しいですよね。

 

学校区?

地域性?

利便性?

 

不動産情報にある項目はこれぐらい?

 

学校区・・・

子供に転校させたくない。評判のいい学校区に行かせたい。

大切ですね。

でも、公立学校であれば評判のいい学校は運任せ(その時のメンバー)。。。

子供が育った時にその場所で暮らしたい?

その視点は重要かと思います。

 

地域性・・・

あの地域、祭りが盛んな地域でなんだか入りにくい。

地域活動が盛んな地域は仕事もしているし、極力避けたい。

大きな祭りをやっている地域は見分けがつくけど、各地域の地域活動はやっぱり運次第。

お隣さんも運次第。

なかなかこれで決めるのは難しい。

 

利便性・・・

幹線道路近くがいい。

買い物が便利な場所がいい。

車社会の田舎暮らし。徒歩20分と車で20分では同じ時間でも負担が全く違う。

この地域で考えるときはあまり利便性は考慮する必要は少ないかも。。。

雪の道問題は大いにあるけど。

 

土地選びは不動産情報だけでは決め手にかけます。

 

重要なのは

長くその場所に暮らしたいか。。。

 

暮らしていく中で見える風景。

これって何気にとても重要なのです。

 

その敷地で見える風景を建築に落とし込む。

その視点を持つことが土地選びには重要。

 

土地選びで建築の目は必要不可欠。

建築の目を手に入れて土地の選択をしましょう。

 

 

ここのところずっと、絶景敷地での計画が続いている私。

SNSでは「羨ましい」「絶景建築家」「土地じゃなく大地じゃねぇか」「本当にそこ建てれるの?」

みたいな声をいただいています(笑)

繋がっている全国のみなさんに上越は、何もない自然豊かで広大な田舎。

だと思われているかも。。。

上越はそれなりにお店もあり、近くには豊かな自然があり、利便性がよくてとてもいい場所です。

 

私に持ってきてくれる敷地の絶景っぷりがすごすぎるだけ。

そういった敷地を生かすも殺すも建築次第。

上越地域で豊かに暮らすことができる家というのを、絶景に負けない建築をつくらないと。。。

と、毎度思います。

 

今、実施設計中の敷地。

上越地域を代表する川と山。

こんな環境がある土地もたくさんあるけど、周辺の家はそれほど意識して建ててない。

もちろん過酷な自然環境もあるけど、それも建築技術でしっかりとカバーする。

 

 

スケッチのように、絶景を暮らしに取り込む設計。

絶賛設計中です。

 

いつの年もずっと暮らしていたい。

そう思える建築に。

 

今ある情報をいち早くメルマガでお届け。

よかったらぜひ登録してみてください。

【くらしたより】暮らしの工房メルマガ

 

メルマガ登録、ぜひお願いします!!

メルマガ登録する

 

 


関連記事
  • 断熱リノベーションで快適性を手に入れる。

  • 建築を伝えること。

  • 西本町の家を見に、建築仲間がやってきた。

  • 既製品ではなく、DIYで家に合わせてカスタムする。

  • 3軒の家づくりからみる、共通の思いとは。

この記事をシェア