メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

北新井の家。上棟。

先週のことになりますが、北新井の家「スイデンハウス」の上棟でした。

こんな環境の中の住まいです。

水田が広がる敷地に

ひっそりと佇む平家の住まい。

水田に浮かぶように建てたい

水田を眺めんがら暮らしたい

そんな思惑を持った住まいです。

 

妙高市の旧新井は積雪設定が2.5m.

雪をどのように処理するか。。。悩みました。

結論は落雪させずに載せておくこと。

2.5mの積雪設定で許容応力度計算します。

その上で耐震等級2を取るために、平屋で行く。

 

もちろん、平屋のメリットは耐震性だけでなく、暮らしに直結。

周辺環境と地域環境を享受する住まいになりました。

 

今回も大型パネルを採用。

上棟時に窓までついて、重たいトリプルガラスも現場で苦労せずにすみます。

 

日本全体がウッドショックという現状。

材木がない中のとても難しい工事になりますが、現況をよく注視しながら工事は進んで行きます。

 

 

 

今ある情報をいち早くメルマガでお届け。

よかったらぜひ登録してみてください。

【くらしたより】暮らしの工房メルマガ

 

メルマガ登録、ぜひお願いします!!

メルマガ登録する

 

 


関連記事
  • 荻野寿也さんによる造園ワークショップを開催しました。

  • 西本町の家、足場が外れる。2〜内部も少し〜

  • 春日山の平屋は建て方。屋根は重要です。

  • 上越市・横曾根の家の気密。

  • 設計図はコミュニケーションツール。

この記事をシェア