メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

「有元葉子私の住まい考」を読む。おすすめ本。」

料理研究家有元葉子さんが住まいについて書いた本「有元葉子私の住まい考」を読んだ。

正直言ってしまうと著者のことをよく知っていた訳でなく、なんとなく名前を覚えていた程度。

最近、キッチンツール(特に水切りかご)を探していたらラパーゼに出会い、なんとなく名前を覚えていた料理研究家。

たまたま書店にて棚の中にある一冊を見つけ、帯に書かれた言葉を見て、表紙を見て、パラパラっと中を見て、写真の雰囲気で読んでみようと出会った。

衝動買いではなく、わりとじっくり吟味して(笑)

帯に書かれている文はこう。

「私にとって住まいとは落ち着いた気持ちで安心して居られる場所。快適で、目で見て気持ちがいいことも家づくりのテーマです。」

はい。共感します。私の家づくりのテーマでもあります。

「どんな家」ということよりも「住む」ことの方が先にくる。

暮らしの中で感じる色々なことが「家」のあり方として捉え、住まい方のことや、庭のこと、隣近所のことまで、示唆に富んだ内容です。
その内容は多くの建築家が本で言っているようなことで、「こう表現したら伝わりやすいのかぁ」と新鮮に感じました。
プロが言うことを、プロじゃない人が伝える方が深く刺さる感じがする。
料理家は暮らしの本質をよく知っていると思います。

料理研究家土井善晴さん著の「一汁一菜でよいという提案」でも、とても参考になる「暮らし」の哲学が記されているのでそちらもオススメです。

 

なぜ料理家が暮らしの本質をよく捉えているのか。。。食べるが暮らしに大きな役割を持っているからなんだと思います。

料理研究家の哲学を知ることは、とてもプラスになると思う今日この頃です。


また、料理研究家ならではのキッチンの使い方も、真似したい実用的なテクニックがいっぱい。
「家づくりしたい」と考えている人(暮らしを見つめ直したい人も)に読んでもらいたいオススメの一冊にします。

 

本の中では3軒の住まいが紹介されていて、野尻湖の別荘の紹介もあります。

野尻湖周辺は山の食材が抜群に美味しいが、新潟県境で日本海の魚も新鮮で美味しいものが手に入りやすい。と新潟県、おそらく上越地域もすごくうっすら登場してました。

なんだか少し嬉しい(笑)


関連記事
  • 庭がつくる影。

  • 薪ストーブライフに憧れつつも扱いは大変と踏み出せないあなたのための考え方。

  • 敷地周辺の環境を活かして設計すること。

  • 家づくり教室~土地を探る~

  • 断熱材は何がいい?

この記事をシェア