メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

LIXILメンバーズコンテスト2023地域最優秀賞

 LIXILメンバーズコンテスト2023の結果が発表になりました。

三角屋根の平屋が地域最優秀賞を受賞しました。

LIXILメンバーズコンテストの結果

初参加の2021は大賞。2022は地域最優秀賞。2023は地域最優秀賞。

と3年続けての上位賞受賞は大変光栄に思います。

(常に2度目の大賞を狙い続けているのですが。。。笑)

 

「LIXILメンバーズコンテストは、全国で約14,000社(2023年12月時点)の
工務店様、リフォーム店様が、お客様にとっての“いい住まい、
いい暮らし”をいかに実現するかを競う、住宅施工例コンテストです。」

 

とのこと。

 

でも、正直、、、

こういったコンテストは「お客様にとってのいい住まい、いい暮らし」だけの評価基準だけではダメなんです。

独りよがりの家づくりではこれからの社会が持たない。

住まい手が快適な暮らしを手にいれることはもちろんのこと、社会的な要請やこれからの住まいの在り方を含め、個から広がる周囲への影響が大きな役割を担っています。

 

そこには地域性だったり、風景だったり、暮らしだったり、住まう人らしさだったり、求められる住宅性能はもちろん。

暮らす人もまちも社会もWINーWINな関係を実現しなければならないのだと思っています。

暮らす人も変なところに暮らしたくないですしね。

 

たいへんありがたいことに、暮らしの工房にご依頼される住まい手さんはみなさんそのような視点を持つ方ばかり。

そんな方々と一緒に住まいづくりさせて頂いているから、各コンテストでも高い評価を頂ける。

決して設計者の派手さを競うコンテストではないからこそ、一棟一棟丁寧にその人の暮らしや周辺を設計して家づくりした延長上の結果ということが、とても意義あるコンテストなんだと思っています。

 

 

 

 

勉強会、暮らしの教室のお申し込みはこちら↓

暮らしの教室に申し込む

 

 

メルマガにご登録いただけますと、このような密かに行われる見学会のご案内も届きます。

メールアドレスだけで登録できますので、ぜひご登録ください。

メルマガに登録する。

 

 

 


関連記事
  • 林業にいがたに寄稿。

  • ハウジングこまち2021冬・春号 巻頭特集住まいのニューノーマルに掲載。

  • 建築知識ビルダーズ53理想の平屋 事例掲載

  • 第7回日本エコハウス大賞ノミネート作品。

  • 日本エコハウス大賞にノミネート。サクラと水辺の住まい。

この記事をシェア