メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

美しくエイジングする外壁材。

春日山の平屋は外壁工事。
杉板を大工さんが張っています。
今回も塗装なしの無塗装を選択。

特に杉板無塗装だけ。というわけではなく色々と選択肢がありますが、どちらにしても外壁は後々の手間がかからず、いつの時も美しいと思えるものがいいです。

「塗装なしなんていつの時も美しい」と真逆な行為では?と思われるかもしれませんが、ちゃんと木の特性を説明すると
「革のエイジングと同じなのか!!」

と好きな人にはたまらない外壁素材です。そんな感性も暮らしには大事なことだと思います。

製材仕立ての杉の赤味はとても綺麗。

これが年月とともにグレー色に変化していきます。

グレーになった時、風景と一体となる。

そんな美しい平屋になることを期待しています。


関連記事
  • 境界を考える。外の庭を共有できると街並みになる。

  • 神社で地鎮祭は天候を気にせず誰もが参加できるメリットがある。

  • 杉板の外壁を無塗装で使う。

  • 杉板鎧張りの外観。ロングライフでつくる家づくり。

  • 地盤調査はやらなきゃならない。

この記事をシェア