メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

木製サッシでソトのつながりを手に入れる。

新築の現場では久しぶりに採用した高断熱木製サッシ。

全開口サッシが入ってきました。

全開口サッシとは窓が全部開く状態になり、外と中のつながりがより濃密になります。

窓を閉じた時にも余計な框がないのもいい。

そして何より木の素材感が絶対的にいい。

木製サッシはおおよそ発注から60日必要。

着工から60日後は建物に窓が当然取り付いていなければならない工程のため、前もって準備をしておかなければなりませんが、今回は上棟前に急遽採用決定されたため木工事も終盤に差し掛かった今、ようやく搬入。

その間これらにからむ工程が進められないので、これがなかなか厳しかった。。。

このロスを挽回できるのか。。。かなり不安です。

それでも、獲得したものはとても大きい(窓の断熱性能、つながり、眺望、素材感など)と思います。

今後はもっと積極的に採用したい内容の一つです。


関連記事
  • 上質な住まいをつくるために。

  • 敷地周辺の環境を活かして設計すること。

  • 家具がつくる空間と居場所。アメニティーショップアイ工事スタート。

  • 西本町の家、足場が外れる。

  • 木の家と庭のある家

この記事をシェア