メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

今より明日が美しくなるような家にしたい。

先週末は長岡へ行く用事があったので、長岡で建てた2棟の家を確認。

1棟は土間の追加工事。その現場確認だったのだけど。。。

完成から数ヶ月と4年近く経つ2軒。

同じ材料の変化や環境の変化をご覧ください。

杉の外壁、数ヶ月と4年経過。
緑、数ヶ月と4年経過。
時間が増すと良くなっていくと感じる。
どの家も今より明日が美しくなるようにしたい。

これから求められる家というのは、一過性ではなく時間を纏うことのできる家であると考えています。

そうでなければこれからの子供達に誇れる地域環境、豊かな感性、子供の頃の思い出の風景を残せない。

いや、子供を盾にして綺麗事のような事を言っているけど、私自身が時間をまとえる環境に身を置きたいだけかもしれない。

でもそれは決して悪影響を与えるものではないと思っています。

そんな暮らしの環境を微力ながらつくりたいし、共感してくれるオーナーさん達とつくりあげたい。

昨日は願掛けを兼ねて春日山神社へ。

神社へと誘う石階段。

苔に覆われる石に心が洗われる思いをしました。

時間がつくる美しさは何事にも変えられない。

そう感じます。

そしてそれを家づくりでも実現させていきたい。


関連記事
  • ケヤキ下の小さな住まいの定期メンテナンス。

  • 西ヶ窪浜の断熱リノベは完成見学会を開催。

  • 経験や勘だけでは、いい家はつくれない。

  • 上越の豊かな食材が暮らしを豊かにする。

  • 小さく建てる。大きく暮らす。

この記事をシェア