メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

ブラッシュアップを繰り返す。

西本町の家は器具がついたり建具が入ったり、完成に向けて最終段階。

そこに来てさらに検討を重ね、建具をつくり直すという暴挙に。

出来た仕事をやり直すというのは並大抵のものではない。

間違っていたら直さなければならないけど、決して建具屋さんは間違ってない。

設計も当初の予定通り狙い通りなので間違ってはいない。

これでも十分問題ないし、普通の人なら何がおかしいかなんて気づかない。

いや、だっておかしくないんだし(笑)

ちゃんと設計意図もあるし。

でも、思いに引っかかることがある。

次はこうしようとか、今度はここをこうしようとか、こうしたらもっとよくなるんじゃないか?とかで次に活かしていく。

そんな打ち合わせを現場では職人さんと交わすことが多いし、それが暮らしの工房の家づくりを支えている。

今回は建具屋さんが若干の調整に一度引き下げるというので、宿題は先延ばしにせずにこの現場で解決しようと試みる。

障子を一本作り直し。

正直高い勉強代。

その意図に付き合ってくれる職人さんに感謝です。

 


関連記事
  • 木の家と庭のある家

  • 家具がつくる空間と居場所。ビーナスコートを塗る。

  • 小さく建てる。大きく暮らす。

  • 家の照明。

  • 西本町の家、足場が外れる。

この記事をシェア