メニュー
3-6-35mahorobakanⅡ-A, Kokufu,
Joetsu-shi, Niigata, 942-0082, Japan
コラム
column

ダイニングテーブルの塗装は何がいい?

いろいろと気が向いてダイニングテーブルをオイル拭きしてみました。

木の油分が抜けて汚れもつきやすくなっていたこともあり、カサカサ乾燥肌にしっとりオイルを。

使うのは床などにも塗っている蜜蝋ワックス。

蜜蝋ワックスを少量、布などに取り、あとはただ塗るだけ。

塗りすぎるとベタベタが落ち着くまで時間がかかるので薄く伸ばすように。

乾拭きもしながらほんの数分。

あっという間に艶を取り戻し、汚れも落ち、綺麗になりました。

 

木はオイルがメンテナンスしやすくて一番。

と感じているけど、そこにはデメリットもあり。

デメリットは比較的汚れやすくなるということ。

だからダイニングテーブルはウレタン塗装(木に樹脂の皮膜をつくって保護)が多くなってしまう。

ダイニングテーブルは汚れやすいところだから。。。

だけど、ウレタン塗装も万全ではなく、メンテナンスするには一度皮膜を落とさなければならず、これが大変でお気軽ではない。

ウレタン塗装はプロじゃないとうまく塗装できない。(硬化した後に紙やすりでひたすら研磨します)

メンテしやすいけど汚れやすいオイル塗装か?

汚れにくいけどメンテしづらいウレタン塗装か?

悩ましいところ。

今までのオーナーさんは9割ウレタン塗装を選択。

 

私個人的に使うぶんにはオイル塗装を選択します。

それは、自分でできるということが大きい理由です。

塗っている時の集中している時間や、塗りあがりの清々しさもあり新鮮な気持ちを感じられるから。

 

みなさんはどんな選択をしますか?

 


関連記事
  • 真鍮鋳物のネームプレート。

  • 家づくりを紡ぐ物語のように。

  • 椅子を選ぶコツは?試着をするように座って体に合うものを選びましょう。

  • 水辺で暮らすということ。

  • ギャッベの模様の面白さ。

この記事をシェア